伊藤製パン株式会社
イトーパンへのお問い合わせはこちらから
イトーパンサイトマップ

伊藤製パン株式会社会社概要

沿革

1920年東京都墨田区両国において佐藤一二(かつじ)が創業。食パン専用工場として発足。
1936年合資会社伊藤製パン所を設立。
1960年現砂町工場に伊藤製パン株式会社を設立。食パン・菓子パン・和洋菓子の総合生産を開始。
1964年岩槻工場稼動。
第18回オリンピック東京大会選手村に当社がパン・洋菓子の納品メ−カ−に指定される。
1966年秩父宮妃殿下、岩槻工場をご視察。
1967年ユニバ−シア−ド東京大会選手村に当社がパン・洋菓子の納品メ−カ−に指定される。
1981年砂町工場にMMライン新設。
1982年岩槻工場和菓子部門に蒸し物オートメーションライン新設。
1987年岩槻工場食パン部門にランハムオーブン新設。
1992年平塚第二工場稼動。
1997年本社事務所を岩槻工場内に移転。岩槻工場に調理米飯ライン新設。
1998年物流部門を子会社の(株)アイティオーに移管。
2000年岩槻工場菓子パン課にロールライン新機械設置。
2001年岩槻工場和菓子部門に蒸し物ライン増設。
岩槻工場、砂町工場仕分にデジタルピッキングを導入。
2002年岩槻工場菓子パン課に火星人(レオン)ライン新設。
2004年岩槻工場菓子パン課にペストリーラインを増設。
砂町工場、平塚工場に調理パンラインを新設。
2007年岩槻工場に冷蔵中種の設備を増設
2009年厚木営業所開設
2010年お陰様で創業90周年を迎えることができました。